今話題の投資先REITとは?

REITとは?

アベノミクスにより日経平均株価も順調に上がり、我々国民も貯蓄から投資へ興味が変わってきています。そんななか最近話題なのがREITです。REITとは、不動産投資信託のことです。REITは「Real Estate Investment Trust」の略です。

その名の通り、投資家の方から集めた資金を不動産に投資します。そして、その賃料を分配金として配分します。投資家は、この分配金を利益とするか、証券取引所に上場されておりますので、株式と同様に売却した時の値上がり益を狙うこともできます。投資スタイルとして多いのが、投資した後は放置して、分配金を受け取る個人投資家が多いです。

REITの3つの魅力

1.比較的安定した配当が期待できる

不動産投資信託は、収益の90%以上を分配金にすることで実質法人税が免除となるため、その分、配当利回りが比較的高い商品です。

2.分散投資ができる

個人で不動産を購入するよりも、REITなら、複数の不動産に投資をしているので、一つの不動産に収益が偏ることがなたいめ、分散投資の効果もあります。また、不動産投資のプロが投資先となる不動産を選ぶため、専門知識がなくても、運用することができます。

3.流動性が高く換金が容易

取引所に上場しているREITは、株式と同じ証券ですので、証券所の取引時間内であれば、売りたいと思った瞬間に売却することができます。実際の不動産投資をした際に、売却したい時に売れないなんてこともありません。

直接投資とREITの違い

REIT 直接投資
投資先 多様な物件に投資可能
(オフィス、ホテル、倉庫等)
主に住居向け不動産
(マンション、アパート等)
必要資金 数十万円~ 数千万円以上
物件選定 不要 困難
(専門知識が必要)
分散投資 可能 困難
物件の維持・管理・運営 不要 投資者が管理
流動性・換金性 高い
(証券市場で売買)
低い
(不動産市場で売買)

J-REITとは?

日本版のリートを俗にJ-REITと呼びます。日本版のREITということで、頭にJAPANのJをつけてJ-REITということです。J-REITのなかにもたくさんの種類があり、オフィスを中心に投資しているもの、商業施設を中心に投資しているもの、またそれらをバランスよく投資しているものなどがあります。

東京オリンピックが開催されることが決定されたので、東京の不動産に投資されているREITが現在人気のようです(投資関連リンク:海外FX)。

利回りの高いJ-REIT一覧

証券コード 投資法人 投資口
価格(円)
利回り(%)
8964 フロンティア不動産投資法人 465,500 4.12
8956 プレミア投資法人 121,800 3.78
8961 森トラスト総合リート投資法人 187,300 3.75
8960 ユナイテッド・アーバン投資法人 160,400 3.68
8954 オリックス不動産投資法人 160,400 3.48

NISAとの関係性

NISAと組み合わせたいのがJ-REITです。なぜ、NISAと組み合わせたいのかというと、NISAの基本的な考え方が中長期の運用をメインに作られている制度です。そのため、長期投資の際に重要となる「リスク分散」と賃料収入などの「安定収益」が期待できることが大切です。J-REITならこの2点を満たしているため、NISAとの組み合わせに向いてる理由です。

一般的にはREITは、株式や為替などと比較した際に価格の変動幅が狭いと言われていますが、国債や社債などの債権よりも利回りが高い金融商品のため、ミドルリスク・ミドルリターンの金融商品として投資家からは見られています。