トップページ > はじめてのREITガイド > REITの考えられるリスク

REITの考えられるリスク

不動産が壊れるリスク
 様々な特徴・メリットがあるREITですが、リスクがないのかというとそういうわけでもありません。
REITは、あくまで不動産に投資している商品です。その不動産が、天災により倒壊する危険性や火災により焼失してしまう危険性がないとは言えません。この事態に陥ってしまった場合には、我々投資家にも分配金の減少などの影響があると考えられます。日本は、地震大国です。そのようなリスクがあるということは、頭のどこかにおいておかなければならないでしょう。

金利変動によるリスク
 金利変動によるリスクも存在しています。
金利変動による利払いが増加すれば、REIT商品の財政状況が悪化します。財政状況が悪化すれば、分配金にも影響がありますし、最悪の場合倒産することも考えられます。
その他にも、貯金の金利が上がればわざわざリスクが貯金より高いREITに投資するメリットが薄らいでしまいます。

景気悪化によるリスク
 景気が悪くなれば賃料が下がり、収益が下がります。
空室の状況も多くなるでしょう。その結果、分配金が大きく下がる可能性もあります。
一部のREITでは、オフィスを借りていた企業が他のオフィスに移ってしまったため、分配金が大きく減ってしまったということもあります。実際にこのようなことも起きているので、このことは起きうるリスクとしてしっかり考えなければなりません。つまり、一部の賃料に頼り切ってしまっているREITは、そのようなリスクが大きくなってしまうのです。

メリットがたくさんあるためとても良い投資先と考えられているREITですが、このようなリスクも存在しています。
REITに投資する際には、このリスクを考えて投資しなければなりません。そのため、そのリスクを分散するような投資方法がいいと考えられています。REITは危ないと考えられている方もいらっしゃるとは思いますが、このことに注意すればとてもいい投資先だと考えられます。REITに投資する際には、このリスクに十分注意しながら投資することをおすすめします。