トップページ > はじめてのREITガイド > REITの利回りと利益

REITの利回りと利益

REITの利回りの良さ
 REITを運用しているのは不動産投資法人です。
この不動産投資法人は、投資家の方から集めた資金で不動産を購入・所有・管理し、収益を得ることを目的とした法人です。
その得た収益から、必要経費を差し引いた分のほとんどが分配金になります。なぜならば、この不動産投資法人は、この収益の90%超を投資家に分配することにより法人税が免除になります。そのため、REITは高い利回りとなっているのです。貯金の金利が1%を切っていることがほとんどの昨今、REITは高いものは5%以上のものもあります。そのため、REITの注目が高まっているのだと思います。

REITの利益の出し方
 投資家におけるREITの利益はほとんどが分配金によるものです。値上がり益もありますが、どちらかというと分配金目的の投資の方が多いでしょう。値上がり益目的にしても、REITは大きく値が動くものではありません。非効率的と言えるでしょう。もし値上がり益目的ならば現物株に投資した方がより良い運用成績を上げることができると言えます。

REITに投資し分配金で利益を得ることのメリットは、何もしなくていいということです。
基本的に不動産の管理は、自分で行う必要がなく不動産に関する知識もほとんど必要ありません。そのようなことは専門家の方に任せればいいのです。そして、基本的に毎年2回分配金を受け取るだけでいいのです。いわゆる不労所得です。自分が働かずお金に働いてもらうということです。もちろん日々のメンテナンスも必要でしょうがそこまで大きな手間ではありません。

REITの利回りの良さはとても魅力的です。
これを利用しない手はないでしょう。

REITの利回りと投資するべきかの判断基準
 REITに投資する際の判断基準のひとつとして、10年物国債利回りとREIT分配金利回りの差が3%以上の開きがあるかというのがあります。3%以上の開きがあればREITに投資してもいいということです。もちろん、このこと以外にも判断基準があるためひとつの判断基準として利用しましょう。