トップページ > はじめてのREITガイド > REITの特徴とメリットとは?

REITの特徴とメリットとは?

高い利回り
 REITの特徴、メリットは、たくさんあります。まず、投資家から集めた資金を専門家が運用するので、我々何の知識がない一般人が運用するよりもより良い運用効果が期待できます。また、一から不動産投資を始めようとすると、学ばなければならない専門知識はたくさんあります。それらを学習する時間の節約にもなります。

また、毎月の賃料が分配金になるのでREITは安定しているとも言えます。
さらに、この分配金についてですが、REITを運用する不動産投資会社は、配当可能利益の90%以上を投資家に分配することで法人税が免除になるため分配金がとても高い利回りになります。投資家にとっては嬉しいことです。

安定した値動き
 基本的にREITは安定した値動きをします。
株価が暴落するようなニュースが流れても、REITの収益は不動産の賃料からきているので、不動産賃料からくる収益が大きく変動することは考えにくいのです。そのため、株価が暴落するようなニュースが流れても比較的安定した値動きをします。

インフレに強い投資先
 一般的にREITは、インフレに強い投資先と言われています。
逆に貯金はインフレに弱い投資先と言われています。インフレの状態になると、物価が上昇しているということなので、一般的に貨幣の価値が下がります。貯金は利回りが低いので、引き出した際には、上昇した物価のせいで資産が減っているといってもいいでしょう。つまり、インフレに弱いと言われるのです。しかしながら、逆にREITは、インフレ時には土地の価格も上がり、それに伴って賃料もあがるのでREITの価値もあがります。つまり、インフレに強い投資先と言われるのです。このこともあり、貯金だけでなく不動産投資などに分散する必要があるといわれるのです。

これらの特徴・メリットがあるため、貯金などと比べて最近話題になってきているのでしょう。
貯金として余裕資金を眠らせておくよりはREITに投資し分配金を手にする方法の方が高い利回りを期待することができます。